AWSの勉強

クラウドの勉強をやろうと思って以下の本を買って、読み込みとハンズオンを行いました。
AWSクラウドの基本と仕組み
AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方

(一応このサイトもAWSのLightsailを使って雑に作ってます)

AWSクラウドの基本と仕組み 感想

クラウドとAWSを何も知らない人が入門として読むにはよいなと思いました。
また、AWSのサービスが浅く広くまとめられているのでイメージがつかめます。
NASとか使っているとS3とかよく出てきて、なんだかわかりませんでしたが信頼性の高いストレージなんだなーと浅くわかるようにはなりました。

AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方 感想

こちらはハンズオンを行う内容でした。
作成したものとしては
– ネットワーク (VPC)
– Webサーバ (EC2)*2
– ロードバランサ(EC2)
– データベース (RDS)
– メール用のストレージ(S3)
– メールサーバ(SES)
– 踏み台サーバ (EC2)
– キャッシュ(ElastiCache)
など
いろんなサービスがあるなーと感じながら、自分で操作して簡単に出来上がっていくので非常に面白かったです。細かく操作について書いてあるので、あまり迷うことなくできましたが、タイポに気づかずつらい場面もありました。
SESに関しては画面が結構変わってましたが、何とか出来ました。左側のメニューでドメインやEmailが分かれておらず全て「Verified identities」にまとまっているようでした。
書籍だとやはりクラウドの更新頻度についていくのが大変ですね。

AWSだと、サーバ事態にネットワーク設定をしないので結構変な感じがありました。
VPCでネットワークの設定やルーティングをすると、EC2もそれを参照してやってくれるので、いつも設定している身としては楽だけど違和感がすごいです。

Linuxの知識等がないとコマンドうったり、ローカルからサーバへのsshで引っ掛かりそうだなと思いました。

後日、AWSの課金額がきましたが、いつも500円くらいなのが1万ぐらいになってて短期間で頑張ればよかったなと思いました。ただ、初期導入コストがほぼなしでこれだけの規模のものを個人で展開できるのは改めてクラウドの良さだと感じました・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。